車種によって保険料は違う

どうもです!倉敷の車好き男です。

クルマ大好き人間にとって、車は単なる移動手段以上のものです。所有しているだけで満足感が得られたり、運転のフィーリングだけで思わずニンマリしたりできます。これほど五感に訴えてくれる工業製品ってあまりないように思います。

そんな車のマイナス面の一つは、維持費が掛かること。駐車場、ガソリン、税金、保険と特別なことをしなくても容赦なく維持費が掛かってきます。今日はそのなかの一つ保険のハナシです。

一般に車を保有している人は必ずと言ってもいいほど自動車保険に加入していると思います。実はこの保険料は、車の車種毎に違うことを知っていましたか?軽自動車と普通車でも保険料は違っていて、軽自動車の方が安くなっています。

車種で保険料が違う理由は、事故で車が損傷を受けた際の修理代が違うためです。購入する際の車両価格が違うのたから当然といえば当然です。高級車は購入するときだけでなく、維持するのも金食い虫です。

とはいえ、車の保険料は車種による差よりも、いままでの事故の実績が強く関係します。無事故を継続していれば、年々保険料は安くなっていきます。保険会社から見れば、保険料をもらっているのに保険の支払いをしてくて良いのですから当然といえば当然ですね。

一方で、事故を起こしてしまうと、次の年から保険料が高くなります。事故をおこす可能性高い人間と思われてしまうので仕方ありません。事故を起こしたくて起こす人はいないと思いますが、保険のことを考えてもやはり事故は避けたいですね。

また最近では走行距離の分だけ保険料を払えば良い保険も多くなっています。長く走る人ほど事故に遭う可能性が上がり、あまり走らない人は事故に遭う可能性低くなるという統計に基いているそうです。遠出をしない人は保険料を安く上げることができるかもしれません。

もちろん、保険は料金だけでなく、補償の内容が大切です。いくら安くても自分にとってメリットのある補償内容でなければ意味がありません。掛け金と補償内容のバランスを見て、自分にとって最適な保険を選びましょう。

いずれにしても事故を起こさないのが一番です。最新の車種は事故を未然に防ぐ機能が盛りだくさんです。そういった車に買い換えるというのもいい考えですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です