車が静かなのはもう常識?

車を買うときに一人で決められる人は多くないかもしれません。おそらく多くの人は、奥様あるいは鬼嫁の意見という名の指示を重視しなくてはならないことが多いでしょう。

そんな女性が気にする車選びのポイントて何でしょうか?

女性が気にするのは、エンジンのパワーやトルクなどでは絶対にありません。燃費の良さや乗り降りのしやすさ、取り回しの楽さ、そして静粛性です。なんて現実的でつまらないんだと思ってはいけません。女性は車にロマンを求めていないのです。いかに低コストで実用的か、そして快適かが全てです。

なかでも最近の車で飛躍的に進歩しているのが車の静粛性です。

これはハイブリッド車やPHV車(プラグインハイブリッド)が普及してきたのが大きいですね。ハイブリッドといえばトヨタのプリウスを思い浮かべる人は多いと思いますが、いまはハイブリッドモデルは多くの車種にラインナップされるようになっています。

車のノイズは、エンジンとタイヤがほとんど占めています。ハイブリッド車はモーターで駆動しますので、エンジンからの騒音が大きく軽減されています。特にモーターのみでゆっくりと走行しているときなど、ほとんど無音と言ってもおかしくないほどです。

EV車(電気自動車)はまだまだ普及しているとはいえない状況にありますが、EV車になると常時モーター駆動ですから、これはもう恐ろしく静かです。エンジンによる振動などもありません。

ここまで静かで、快適な車内が実現すると、世の女性はハイブリッドに目が行くようになります。その上、燃費も良いのですから、これ以外に選択肢はないと言って良いと思います。とくにガソリン代が高いいまのご時世では、人気が出るのも頷けるというものです。

 

とはいえ、男にとっても、ノイズの少ない快適な車内は気持ちの良いものです。極限まで静粛性の高い高級車を買わなくても、ハイブリッドにすればとても快適な車内空間が手に入れられるのですから、これはこれで素晴らしい選択肢ではないでしょうか?