車が静かなのはもう常識?

車を買うときに一人で決められる人は多くないかもしれません。おそらく多くの人は、奥様あるいは鬼嫁の意見という名の指示を重視しなくてはならないことが多いでしょう。

そんな女性が気にする車選びのポイントて何でしょうか?

女性が気にするのは、エンジンのパワーやトルクなどでは絶対にありません。燃費の良さや乗り降りのしやすさ、取り回しの楽さ、そして静粛性です。なんて現実的でつまらないんだと思ってはいけません。女性は車にロマンを求めていないのです。いかに低コストで実用的か、そして快適かが全てです。

なかでも最近の車で飛躍的に進歩しているのが車の静粛性です。

これはハイブリッド車やPHV車(プラグインハイブリッド)が普及してきたのが大きいですね。ハイブリッドといえばトヨタのプリウスを思い浮かべる人は多いと思いますが、いまはハイブリッドモデルは多くの車種にラインナップされるようになっています。

車のノイズは、エンジンとタイヤがほとんど占めています。ハイブリッド車はモーターで駆動しますので、エンジンからの騒音が大きく軽減されています。特にモーターのみでゆっくりと走行しているときなど、ほとんど無音と言ってもおかしくないほどです。

EV車(電気自動車)はまだまだ普及しているとはいえない状況にありますが、EV車になると常時モーター駆動ですから、これはもう恐ろしく静かです。エンジンによる振動などもありません。

ここまで静かで、快適な車内が実現すると、世の女性はハイブリッドに目が行くようになります。その上、燃費も良いのですから、これ以外に選択肢はないと言って良いと思います。とくにガソリン代が高いいまのご時世では、人気が出るのも頷けるというものです。

 

とはいえ、男にとっても、ノイズの少ない快適な車内は気持ちの良いものです。極限まで静粛性の高い高級車を買わなくても、ハイブリッドにすればとても快適な車内空間が手に入れられるのですから、これはこれで素晴らしい選択肢ではないでしょうか?

倉敷市で車を高く売る方法

いま乗っている車を売却する理由は色々あると思います。

例えばよくある話が、次の車検を通すくらいなら、買い替えたしたほうが安上がりということがあります。実際に買い替えたほうが本当に安いかどうかは微妙かもしれませんが、新しい性能の優れた車から得られる価値や満足感を考えれば、買い替えたほうがおトクと考えるのも納得できますよね。

ま、単に新しい車を買う理由を探しているという説もありますが(笑)

そうはいっても、今持っている車は思惑通りの値段で売れなければ、折角の買い替え計画も絵に描いた餅になってしまいます。

思った以上に高く売却できれば、奥さんを説得しやすくもなるし、一つ上のグレードを狙ったり、気になるオプションを付けられるかもしれません。逆に思ったよりも安くしか売却できないとなれば、買い替え計画自体が頓挫しかねません。

実際に車の売却を考えたとき、まずディーラーの下取り査定を行うと思いますが、もっとも多いのは「査定の低さにガッカリ」するケースです。残念ながらこれが現実です。

 

ですが、まだ諦める必要はありません。まだ車を高く売る方法はあるのです。複数の買取業者から査定を貰って競争させる方法や、中古車の買取オークションを活用して高額売却を狙うこともでできます。

業者との価格交渉に自信があるという人はそんなにいないと思いますので、一般の人が車を売るのであれば、車のオークションを利用するのがオススメです。交渉などする必要もなく、その時のマーケットの最高値で落札されるからです。

倉敷市でもこういった車を高く売るためのサービスが利用できます。倉敷市での利用例が掲載されているサイトがあったので、参考にしてみてください。
>>倉敷市で車を高く売るための方法

あなたにあった方法を探してみてください!

今人気の国産車と言えば、エコで女性におすすめな軽自動車

日本には世界的な自動車メーカーがいくつもあって、多種多様な国産車が販売されています。
そのなかで、軽自動車は日本を代表する国産車といって良いでしょう。

実は軽自動車は、世界中の他のどこの国でも生産されていないのを知っていましたか?日本が世界でたった一つの軽製造国なのです。

ガソリン価格が高騰するなかで、燃費がよくて小回りが利く軽自動車は非常に人気ですが、ぜひ女性におすすめしたい自動車です。
なぜかといえば、例えば、コンパクトボディゆえに小回りが利くところ。街乗りの狭い路地などでも、比較的運転しやすいでしょう。

また軽自動車は小回りが利くため、細い路地や狭い時間貸し駐車場へも楽にアクセスできます。

一昔まえは、軽といえば、ひたすら安いだけの移動手段として認識されていました。そのため割り切った装備と低価格が軽自動車のイメージを作り上げてしまったように思いますが、最近は違います。近頃の軽自動車の装備は、普通自動車の高級ラインとほぼ同じ装備が付けられています。
軽自動車だから、悪かろう安かろう、装備はしょぼいというのは過去のお話です。

また、軽自動車はなんと行っても車両の購入代金も安い点がメリットです。そして維持費も安いです。
税金は、普通自動車と比較すればおおよそ三分の一で、毎年支払う税金や車検費用などにおいても大きな差がついてしまいます。

あと軽自動車の魅力は、低燃費が挙げられます。
車重が軽い分、軽自動車は少ない燃料で多くの距離を走行することが可能です。
同じ距離でも、軽油のほうが安くあがります。

最近では一般車両でも、アイドリングストップがついている車は増えてきました。
交差点等で停まるとエンジンが停止され、発進しようとすれば、再度エンジンがかかります。

これにより、ガソリン代が節約できるだけでなく、二酸化炭素の排出を少しでも抑えることができます。
まさにエコロジーですね。

よく軽自動車はエコと呼ばれますが、環境にもお財布にも優しいため、女性にとてもおすすめです。

車のリースとは?

車は買うか、レンタルするかのどちらかしかないと思ってませんか?

レンタカーとはまた違った車のリースという選択肢もあります。今日はこのマイカーリースの話をしてみようと思います。

マイカーリースとは、契約した期間の間、一定の金額を支払うことで自分の好きな車に乗ることができるシステムです。

車を購入した場合、車両の費用以外にも、車検や税金などの費用が発生しますが、リースの場合、こうしたコストが一切かかりません。決められた一定金額を月々支払うのみでマイカーを手に入れられる仕組みです。

車のリースは、企業の営業車やトラックといった領域では以前から一般的でしたが、ここ最近になって一般個人向けの車でも徐々にサービスが広がってきています。車も「所有から利用へ」という時代の転換期にあり、こうした新しい車との関わり合いが生まれてきています。

マーカーリースのプランも様々なものが提供されていて、利用の仕方によって使いやすく経済的なプランを選びやすくなっています。レンタカーではなかなか思い通りの車種を選択することはできませんが、リースであればかなり多くの車種を選択できるので、ほぼ好きな車に乗れると思って良いと思います。

なお、普段はリースしているという感覚を持たずに利用できるマイカーリースですが、そうはいってもリースしていることは変わりません。契約期間が満了すれば車を返却しなければなりません。使い方や痛み度合いによっては回復のための費用を要求されることもありますので、余計なコストを払いたくなければ自分の車のように丁寧に利用することが大切です。

後々のことを考えて、日頃から綺麗な状態を維持する意識をもたないと、リースを利用するメリットが出ないので注意したいですね。そう考えると、車の運転に自信のない初心者ドライバーや、高齢者ドライバーはあまり利用しない方がいいかもしれません。一方、週に数回しか乗らず、清潔に維持ができそうな女性ドライバーには、マイカーリースはとってもおすすめです。

車種によって保険料は違う

どうもです!倉敷の車好き男です。

クルマ大好き人間にとって、車は単なる移動手段以上のものです。所有しているだけで満足感が得られたり、運転のフィーリングだけで思わずニンマリしたりできます。これほど五感に訴えてくれる工業製品ってあまりないように思います。

そんな車のマイナス面の一つは、維持費が掛かること。駐車場、ガソリン、税金、保険と特別なことをしなくても容赦なく維持費が掛かってきます。今日はそのなかの一つ保険のハナシです。

一般に車を保有している人は必ずと言ってもいいほど自動車保険に加入していると思います。実はこの保険料は、車の車種毎に違うことを知っていましたか?軽自動車と普通車でも保険料は違っていて、軽自動車の方が安くなっています。

車種で保険料が違う理由は、事故で車が損傷を受けた際の修理代が違うためです。購入する際の車両価格が違うのたから当然といえば当然です。高級車は購入するときだけでなく、維持するのも金食い虫です。

とはいえ、車の保険料は車種による差よりも、いままでの事故の実績が強く関係します。無事故を継続していれば、年々保険料は安くなっていきます。保険会社から見れば、保険料をもらっているのに保険の支払いをしてくて良いのですから当然といえば当然ですね。

一方で、事故を起こしてしまうと、次の年から保険料が高くなります。事故をおこす可能性高い人間と思われてしまうので仕方ありません。事故を起こしたくて起こす人はいないと思いますが、保険のことを考えてもやはり事故は避けたいですね。

また最近では走行距離の分だけ保険料を払えば良い保険も多くなっています。長く走る人ほど事故に遭う可能性が上がり、あまり走らない人は事故に遭う可能性低くなるという統計に基いているそうです。遠出をしない人は保険料を安く上げることができるかもしれません。

もちろん、保険は料金だけでなく、補償の内容が大切です。いくら安くても自分にとってメリットのある補償内容でなければ意味がありません。掛け金と補償内容のバランスを見て、自分にとって最適な保険を選びましょう。

いずれにしても事故を起こさないのが一番です。最新の車種は事故を未然に防ぐ機能が盛りだくさんです。そういった車に買い換えるというのもいい考えですね。